債権名義取得のための手続き

人にお金を貸したのに一向に返済される様子がないという場合であっても、貸した相手の家に行って相手の了解なく金目のものを取ってきてしまうということは出来ません。返済出来る財産がありながら、あえて返済しないという相手から強制的に財産を徴収したい場合は債務名義を取る必要があります。そうすれば、強制執行が出来る権利を得られるので、お金を貸した相手の銀行口座を差し押さえたり、あるいは家の中にある財産を差し押さえたりすることが出来ます。
債務名義を取るための手続きですが、裁判所を通すことになります。お金と手間がかからない方法を取りたいという場合は、支払督促を送ることになります。もし、相手が異議を申し立ててきた場合は裁判に移行しますが、分割で返済したいと言ってきてその言葉が信用出来ないという場合は裁判で和解を拒否すれば原告勝訴となって債務名義を得られます。相手が督促を無視すれば、仮執行宣言付支払督促を送れるようになるので、送った時点で債務名義を取ることが出来ます。
お金と手間をかけてもいいという場合は、いきなり民事訴訟を起こすという方法があります。この場合でも、和解を拒否すればお金を貸した側の言い分を認める判決が出る可能性が高いです。勝訴すれば債務名義を取ることが出来ます。

コメントは受け付けていません。