裁判所による不動産競売について

競売物件という言葉を聞いたことのある方もいるでしょう。この競売というものは、主に金融事故などによってその不動産を強制的に売りにかけられたものを、その申請先である裁判所が主導してその売却を行うものです。
そのため、この不動産競売にかかった不動産は、通常の相場よりも安く購入することができるものが多いのです。購入の方法は競売ですから入札方式で行われます。その不動産に興味のある方が入札をして、その中で最も高い金額で入札された方が購入権を取得します。ですから、通常の不動産と違って本体価格が設定されていてその金額を支払えば必ず自分のものになる、というものではありません。
また、これらの競売物件は同じものは二度と出てこないといってよいでしょう。ですから、良い物件が出たらすかさず入札しないとほかの方の手にすぐわたってしまいます。もし不動産の購入を検討していて、その中でこれらの競売物件に興味を持っているのであれば、必ずマメに情報をチェックして、良いものがあったならばすぐに入札の準備をする、という流れで取得を検討すると良いでしょう。もちろん取得にあたっては住宅ローンなどの利用も可能ですので、無事落札できたらそれらの手続きも進めてみてください。

コメントは受け付けていません。