‘未分類’ カテゴリーのアーカイブ

裁判所による不動産競売について

2015/03/08

競売物件という言葉を聞いたことのある方もいるでしょう。この競売というものは、主に金融事故などによってその不動産を強制的に売りにかけられたものを、その申請先である裁判所が主導してその売却を行うものです。
そのため、この不動産競売にかかった不動産は、通常の相場よりも安く購入することができるものが多いのです。購入の方法は競売ですから入札方式で行われます。その不動産に興味のある方が入札をして、その中で最も高い金額で入札された方が購入権を取得します。ですから、通常の不動産と違って本体価格が設定されていてその金額を支払えば必ず自分のものになる、というものではありません。
また、これらの競売物件は同じものは二度と出てこないといってよいでしょう。ですから、良い物件が出たらすかさず入札しないとほかの方の手にすぐわたってしまいます。もし不動産の購入を検討していて、その中でこれらの競売物件に興味を持っているのであれば、必ずマメに情報をチェックして、良いものがあったならばすぐに入札の準備をする、という流れで取得を検討すると良いでしょう。もちろん取得にあたっては住宅ローンなどの利用も可能ですので、無事落札できたらそれらの手続きも進めてみてください。

金銭債権執行の手続きと流れ

2015/03/08

金銭債権執行というのは、貸金や慰謝料、損害賠償金などの金線を回収するために行う手続きのことです。最終的に現金であれば良いので、相手方が所有している不動産などを差し押さえて競売にかけ、その売却金額を回収するということもできますが、このときには不動産の価値に対して高額な保証金を納める必要がありますので、元々現金である預貯金や給与などを差し押さえるのが一般的です。
この手続きをするには、まず債務名義の取得が必要です。これは相手方が支払いを認めている公正証書か、裁判上の和解書、判決などが該当しますので、借用書などしか手元にない場合には、一度訴訟をする必要があります。債務名義に執行分付与を申し立てた後、相手方の差し押さえ予定の財産目録や請求債権目録などを添えて、差し押さえ命令の申立てを行います。一般的に、差し押さえ命令はかなりスピーディーに手続きが進み、審理が終わると預貯金のある銀行の本支店や給料を支払う企業に通知が行きます。預貯金の場合には命令がでた時点での預金残高から一度だけ支払いを受け、給料の場合には、相手方が勤務している間は給料の4分の一を差し引いて請求額に満つるまで支払いにあてられます。

動産強制執行の手続きと流れ

2015/03/08

動産強制執行は債務者が何らかの理由によって債務の支払いを行わなかったというような場合、強制的に債務者が持つ財産を没収することで、その没収された財産を返済の代わりにするというものです。
基本的には住宅や土地など、移動可能な財産に対して行われる強制執行がこれに当たりますが、実際に行うという際にはまず「裁判所に対する申し立て」を行う必要があります。
この際には強制執行対象の財産がある家や倉庫、店舗などの場所を管轄する地方裁判所の執行官に対して行う必要があり、基本的には「執行官室」という場所で手続きを行うこととなります。
そこに申し立て書と執行文、この文章としては「誰が誰に対して強制執行をすることができる」という内容を盛り込んだものが必要です。
これらに加えて執行場所を記した地図のコピーと、手数料を支払うという形になりますが、これらが受理されることで手続きは完了となります。
受理された後には執行官と申立人が時刻の打ち合わせを行い、執行官が相手の財産に対して強制執行を行うこととなるのです。
打ち合わせ時刻に強制執行が完了した場合には執行対象となった財産が競売にかけられて処分され、もし対象不在だった場合には強制執行のために訪問したという通知書を投函したうえで後日改めて再度訪問となります。
ただ現代の強制執行においては成果が上げられないということも非常に多いため、もし何の財産も没収することが出来なかったというような場合には「執行不能調書」が作成されて完了と言うことになるでしょう。
基本的な作業に関しては執行官の指示に従う必要がありますので、強制執行の際には執行官とよく相談するようにしてください。

不動産強制執行の手続きと流れ

2015/03/08

強制執行とは債務者の財産の中から強制的に金員を回収するための手続きのことをいいます。
何度催促しても相手が契約した通りのお金の支払いをしてくれない場合には、強制執行の手続きを行うことで合法的に金員の回収をすることが可能となります。

強制執行は相手の財産から必要な金員を回収できるだけなので、債権者に財産がない場合は強制執行は不可能となります。
事前に債権者の財産について調べておくことが、確実に債権回収を行うための大前提となります。

強制執行を行うために用意しなければならないのは、債務名義・執行文・送達証明書となります。
裁判所ででた判決を送達証明書付きで送達する必要があります。

不動産を強制執行する場合には、差し押さえをしたものを競売にかけてその売却代金から債務を回収する方法と、その土地建物を管理してそこから発生する収益によって債権回収をおこなうという2つの種類を考えることができます。

一般的には強制競売にかけて債権回収を行うこととなりますが、執行をしてから配当を受け取るまでには時間がかかることが多くなっています。
配当の受け取りには平均で2年程度かかるといわれており、またすでに金融機関が抵当権などを設定していることもあるので、強制執行を行うさいには注意が必要となります。

 

債務者が任意で支払をしないの対応

2015/03/08

債務や料金の支払いトラブルなどで、債務者がなんらかの理由で債権者にお金を払う気がないというケースがあります。たとえば、貸金業者からお金を借りて、その後、仕事を辞めてしまって収入がなくなったという場合、返済したくても返済出来ないことになります。
こういう場合、どのような法的手段が執られてしまうのかというと、まず、債権者が裁判所を通じて支払督促を送ってくる可能性があります。督促を送る意味は、お金を返してほしいという意思表示だけではなく、債務者からの連絡がないので反応を見るために送る、あるいは放置すると時効になってしまうので、時効を阻止するために送るといったものもあります。
ただ、督促をされたとしても、債務者に支払いをする意思がなければ、やはりスルーということになります。では、次にどのような手段が執られるのかというと、裁判および強制執行です。支払う気のない債務者は裁判にも出廷しない可能性が高いので、その場合、裁判は原告、つまり債権者の言い分がすべて認められての勝訴ということになります。すると、債務名義を取ることが出来るので、強制執行も可能になるのです。
ただ、この段階まで来ると債権者は、債務者の財産の有無を把握していることがほとんどなので、財産はないとわかっている場合は強制執行はせずに債権を売って損金処理することがあります。

債務承認兼支払約束の覚書に効力

2015/03/08

会社の売り上げがいくら良くても、肝心の支払のお金が回収出来ない場合は利益を上げることは出来ません。
しかし、支払いがたまったときに法的回収の手段に出てしまっては、債務者との関係も悪くなってしまうので、肝心の顧客までいなくなってしまいます。

最初は債務者と交渉をして、支払いが出来ない事情をきいて、条件を緩くしたり期間を長くするのがよいです。
ただ、債務者の事情を踏まえたとして、そのままずるずると回収出来ないようでは意味がありません。
債権者として利益や権利を守るために、確実に債権の回収が出来るように債権を強化しておくことが大切です。
その一つに、債務承認兼支払約束の覚書に効力があります。

債権の存在と支払の約束が明らかに文章化されるので、内容についての勘違いなどを避けることが出来ます。
債権は種類によって督促をしないで一定の期間が過ぎてしまうと時効で消滅しますが、書面を作成するとその時効を中断出来るので、時効の進行を一時的に止めておくことが出来ます。
また、継続的に少しずつ発生した複数の売掛債権を一つにして、書面に記載しておけば債権の内容も明らかになります。

新たな支払日や条件などを約束して、書面に記しておくことで様々効果を得ることができます。

[

 

自分の債権強化のための担保

2015/03/08

債権を持っていいたとしてもそれが実際に回収出来なければ、損失になってしまいます。
そこで、担保や保証をつけて強化しておくことが大切です。
つけるときには、取引開始の時点で行います。
特に、先方からの申し入れで取引を開始したときは、交換条件としてとるのが望ましいです。
取引開始時にとるためには、取引基本契約書にその旨の条項を入れておくと、交渉で役立ちます。

また、取引が開始してしまうとつけるのは難しくなります。
つけるタイミングには、得意先との取引が急増して売掛金も急増したときは、増加の原因を調査して正当な理由がない場合は与信枠を厳格に適用したり、与信枠自体の見直しを行います。
そして、保証などの条件を要求します。
得意先に危険な兆候が出たときは、直ぐに保証などを要求して、与信管理を徹底します。

不動産への抵当権や質健設定などのときは、登記やモノの所有によって対象物が明らかになるので問題はありませんが、人的の場合は保証人の保証意思の有無の真否が、裁判上の問題になることもあります。
実印と印鑑証明がある保証書があっても、安心は出来ませんので注意が必要になります。
保証書があっても、裁判で効力がないと否定されてしまうと空手形になってしまいます。

自分の債権の把握

2015/03/08

貸付や請求権など相手に対して債権がある場合には、相手方が支払いを拒むようであれば、民事訴訟で法的に請求することも可能です。もちろん、ただ単に支払うようにという命令がでるだけでなく、その債務名義を元に相手方の給料や預貯金などを差し押さえて回収することも可能になりますので、なかなか相手方が対応しないようなときにおすすめです。
この場合、きちんと勝訴するためには自分の債権を客観的に認めてもらえるような証拠が必要になります。お金を貸している場合には借用書や金銭消費貸借契約書などの書類が必要ですし、離婚時の話し合いなどで慰謝料や養育費を請求する場合には、その取決めを記した書面などが必要です。債権がある場合には、相手方の協力が得られるうちにこれらの書類をきちんと作成しておくことで、支払いが滞ったときに対策を立てることができるようになります。元々公正証書として作成しておけば、訴訟を提起しなくてもすぐに差し押さえに移行することができますが、公正証書の費用がもったいないという場合には、せめてきちんと内容を記した書類を作成して、全額回収できるまで大切に保管しておくと、いざというときに書証として役立つこともあります。

債権名義取得のための手続き

2014/11/14

人にお金を貸したのに一向に返済される様子がないという場合であっても、貸した相手の家に行って相手の了解なく金目のものを取ってきてしまうということは出来ません。返済出来る財産がありながら、あえて返済しないという相手から強制的に財産を徴収したい場合は債務名義を取る必要があります。そうすれば、強制執行が出来る権利を得られるので、お金を貸した相手の銀行口座を差し押さえたり、あるいは家の中にある財産を差し押さえたりすることが出来ます。
債務名義を取るための手続きですが、裁判所を通すことになります。お金と手間がかからない方法を取りたいという場合は、支払督促を送ることになります。もし、相手が異議を申し立ててきた場合は裁判に移行しますが、分割で返済したいと言ってきてその言葉が信用出来ないという場合は裁判で和解を拒否すれば原告勝訴となって債務名義を得られます。相手が督促を無視すれば、仮執行宣言付支払督促を送れるようになるので、送った時点で債務名義を取ることが出来ます。
お金と手間をかけてもいいという場合は、いきなり民事訴訟を起こすという方法があります。この場合でも、和解を拒否すればお金を貸した側の言い分を認める判決が出る可能性が高いです。勝訴すれば債務名義を取ることが出来ます。